12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-12-20 (Thu)
前置きナシでいきます!

今回は第55話から第57話のプレイ日記になっております。
ネタバレ防止のため追記へ。


第55話 雷迅昇星
トウマの見せ所!
鋭利かつ冷徹な計算のもとギャスパル元帥は
鋼龍戦隊(ハガネ単艦)でガイアセイバーに当たらせる事に。
こういうキャラは嫌いじゃない。

ミナキとカオル・トオミネ博士は本当の親子じゃなかったか・・・
ミナキ女史の出自などが気になるな。
博士の仕掛けをミナキの覚悟とトウマの決意により粉砕!
一意専心、一点集中の極意を体得してライジング・メテオ取得。
やはり燃える展開だ。もはらドラゴンボールの世界の住人になってるな。

カオル・トオミネ博士の退場。
ひとまず雷鳳のシナリオはこれで一段落だろうかね。
大雷鳳になるのはバルマー帝国の現れる第3次OGに期待か。



第56話 紅の聖誕祭(前篇)
とうとうエルデ・ミッテが本腰を入れて
AI1を表舞台に出してきたな。
彼女の歪んだキャラクター性、私は評価してます。
MXのときはエネルギー源としてラ・ムーの星を
奪っていったが、今回は?
ドゥバンに近づいた時からアインストのコアを
狙ってるのかと思ったが違うようだが・・・。

アラド、ゼオラ、ラトゥーニとシエンヌ、シアン、シオの
ブーステッド・チルドレン関連の決着。
リシュウ、ゼンガーとムラタのサムライ決戦。
こやつら名のある敵機は有用な強化パーツを落とすので
エア・クリスマスなんぞガン無視で撃墜にかかる。

ムラタのような傭兵はともかく・・・
他の生き残っているブーステッド・チルドレンが気になるな。
それとも、もうスクール関連は終わりなんだろうかねぇ。



本来ならここでプレイ休止だけど
先が気になるので続行!



第57話 紅の聖誕祭(後篇)
引き続きガイアセイバーズとの決戦!
イングとマシンナリー・チルドレンのエグレッタと決着を。
また、アーマラの動向も気になるところ。

ツェントル・プロジェクトも大詰めか。
TEアブゾーバー試作10号機MODEL-X ガルベルスの出撃。
これは原作のMXには無かった展開で面白くなってきた!

イーグレット・フェフ、撃墜。
これでもうマシンナリー・チルドレンは生み出されない、か。
エグレッタに熱血などがかかったりして大変だったが。
そのエグレッタも撃墜。そしてエグゼクスバインに新武装が。
ブラックホールバスターキャノン。
やはりヒュッケバインシリーズの機体には超威力の砲撃が似合うな。


ガルベルス、撃墜。
むぅ?MXとは違って脳髄のようなものが登場しない!?
まだ続くのか?


この時点で戦力的にかなりの消費だったが
アルテウルのエア・クリスマスとアーマラのガリルナガン。
ちょっと泣きそうになったわ;;
なんだかあっさりと散っていったけど本気でツラかった・・・。


アルテウルの目的は鋼龍戦隊を地球の守護者として
育てるため・・・? 彼もバラルの関係者だったのかな?
以前のビアン・ゾルダークに似てるじゃないか。
彼に付き従ったニブハルの目的は何ぞ?


ますます先が気になるけど、さすがに今日はここまで。

スポンサーサイト
| PlayStation | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。