123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-07-20 (Sun)
ここ毎日、素晴らしく暑いですな・・・。
クーラーがないと寝るのも一苦労になりました。

でも私は夏が好きなのです~。
特に7月がイイね。
本格的に暑くなってきて、夏がキター!という感じと
後に控えている8月、お盆休み等々のイベントへの期待感が楽しめる!
学生時のような「ものすごいワクワクドキドキ感」というのは
流石になくなったけど、それでも何かしらの高揚感はありますねぇ。

てなとこで涼しい本屋の店内でブラついていて捕獲したものを(ぁ


梅安修羅むろみ
仕掛人藤枝梅安 34巻
梅安の愛人、おもんが肝硬変の兆候!?
この時代、それを患って大丈夫なのだろうか・・・。
他にも梅安そっくりの敵が出てきたり
ロマンティシズム溢れるエピソードが出てきたりと
なかなか読ませてくれました。

修羅の門 第弐門 13巻
飛田高明かっこいい!
飛田高明かっこいいッ!
フランク・クラウザーと飛田高明の師弟、イイ!
飛田高明と宮本翔馬の師弟、渋い!
第弐門になって、心ふるえる闘いを堪能できたのは
今ところ陣雷と飛田の闘いのみ・・・
どうした新キャラ達!?

波打際のむろみさん 11巻
思ったとおりやってきた最終巻。
拓朗君が卒業準備をし始めた頃から覚悟完了してた。
終ってみて・・・ 予想以上の寂寥感。
私は、自分で思っているより遥かにこの漫画が好きだったらしい。
ラス前の全員集合的な話、王道でよかったです。
ラストの成長したたくろう君が浪打際のむろみさんに会いに行く話。
・・・よかった! 綺麗な終わり方で良かった!
描きおろしのオマケは、いつもの「波打際のむろみさん」だった。
また、こんな作品をお待ちしていますよ。
スポンサーサイト
| COMIC | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。