12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-21 (Fri)
一応ながら、忘れずに買っております。
このシリーズはいったいいつまで続くんだろうな…^^;
ヤマト12131415
ピンボケすぎるけど面倒くさいので^^;
ルダ、雪、サーシャと連続で女性キャラを出してくるとは・・・
テコ入れ?(ぇ


Vol.12 表紙はデスラー総統&デスラー戦闘空母
デスラーは少なめ。北野哲や太田健二郎の方が目立ってた気が。
新たなる旅立ちのイスカンダル上空攻防戦が特集されてたのが救い。
何故か今冊でシャルバート教が解説されてたり。
次巻でまとめてやってれば良いのにね…。

希少なヤマト2総集編のことが書かれてました。
これ、持っていればかなりのプレミアなんでしょうけどねぇ。


Vol.13 表紙はルダ・シャルバート&コスモタイガーⅡ
やはりヤマト艦載機といえばコスモタイガーⅡ。
絵的にもサウンド的にも最高ですよ。
人物は当然ルダ・シャルバートさんと揚羽武。
Ⅲならではの展開でしたな。
徳川太助さんも登場。復活編での成長は目を見張るものが
ありましたが旧ヤマトではおちゃめさん。
考える人が変なんです。

当時、ヤマトファンクラブの存在は知っていましたが
お子様だったためにどうする事もできなかったな~。


Vol.14 表紙は森雪&新デスラー艦
やはりデスラー総統の乗艦はこれじゃなくっちゃね。
シルエット的に大好き。瞬間物質移送器とデスラー砲のバランスが良い。
暗黒星団帝国のパトロール戦車が図鑑に。
初めて見たときは奇妙な造形に笑ったなぁ^^;

人物辞典に森雪さんと土門竜介。
ヤマトの正当ヒロイン、森雪さんは古代君とゴールイン。
完結編でのラブ・シュープリームで何かと照れる雰囲気を作り出したのに
復活編では夫婦別居中。絶望させてくれるよ・・・。

土門さんは揚羽さんと同じく壮絶な最期を。
新キャラは居なくなる運命ってのを感じました(ぇ

ガルマン・ガミラス帝国とボラー連邦の星間国家を解説。
この銀河を2分する広大な二大勢力が復活編では全く登場しないのが不満。


Vol.15 表紙はサーシャ(真田澪)&ゆきかぜ
サーシャの本当の父親である古代守さんの最期の乗艦船と一緒ですか。
最期といいつつ復活するんですが(爆
まぁこれはこれで良い組み合わせじゃないですか。

ヤマトよ永遠にで森雪さんを差し置いてヒロインデビュー。
当時、潘恵子さんの甘い声と可愛い笑顔でときめきまくったかな。
新キャラ使い捨ての運命から逃れる事が出来なかったのが残念。


艦艇紹介ではガルマン・ガミラスの惑星破壊ミサイルを擁するグスタフ艦。
これやゴーランドのミサイル艦隊には乗りたくないですなぁ^^;
被弾したところが悪ければ即蒸発ですからなぁ…。

巻末にはさらば宇宙戦艦ヤマト上映時の事が載っていましたが…
あまりの加熱ぶりに午前5時からの上映開始とか凄まじいな。
もう覚えてはいないけど、確かに大騒ぎしてた記憶がうっすらと。
ヤマトはさらば~2がピークだったからなぁ。

スポンサーサイト
| ANIME | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。