12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-03-24 (Sat)
宇宙戦艦ヤマト復活編ディレクターズカット ヤマトクルー限定版
購入しましたー。

ヤマト復活編DC01
従来の復活編と今回のディレクターズカットを
収納できるアウターケースがお役立ち。
シックな作りで安心感がありますなー。

ヤマト復活編DC02
限定版には旧版とディレクターズカットを
比較解説したDifference Bookがついてきていますね。
これが地味に嬉しいねぇ。
冒頭の作品制作に至った経歴と巻末の音響監督の寄稿文も
たいへん興味深く読ませていただきました。
防御力フル改造+精神コマンド「鉄壁」を使ったの如くな
無敵装甲ぶりは西崎さんのわがままだったのか(笑

故・西崎義展さんのやりたかった『地球消滅篇』が
アニメ作品、娯楽作品としてどうかは置いておくとして
新たにつくられたディレクターズカット。
制作中の監督の急逝という甚大極まるアクシデントを乗り越えて
まとめられた本作をじっくりと楽しみたいね。


だいたいの感想は映画館で見たときに書いてるので
サクッと違いの部分で感じた事をつらつらと。


原案 石原慎太郎の部分が削除されてて吹いた(笑
BGMと効果音の偉大さを再確認。
アクエリアス氷塊群よりの発進シーンのあの唄はナシ。
THE ALFEEを貶めるつもりはないですが、賢明な判断と言わざるを得ない。

スーパーアンドロメダ級の描写は素晴しく
雪のあのサービスカットは不必要だと感じていた
私としては満足いくものになってますね。

それと・・・ 折原真帆の生存!
旧の復活編より、はるかに続編を意識してますね。
古代美雪もこころなし可愛く描かれてる気がした。

メッツラーがやけにあっさりと引いたのも気になる。
SUSが敗れるととたんにこの宇宙の支配権をやるとか言い出すし。
カスケードブラックホールとの関連性も薄まったのだろうか。

クライマックスの変更、ヤマトの新たな使命は
「復活編・第一部」としては面白いと感じます。
波動実験艦ムサシの活躍も期待したい。

Difference Bookにも書かれてますが
「さらば」と「ヤマト2」ほどの違いがあるね。
復活編・第二部が実際に制作されたなら
そこで地球を救う事になるんでしょうね。
続編込みで見るなら、こちらの作りの方がアリな気がします。

ま、やはりアマールの民の心情とか
古代が全地球人類の方針を代表するところとか
ツッコミどころは相変わらずだけど
それも含めてヤマトらしいと思ってしまう。

追加されたシーンも、何故に元から入れなかったんだろう
そう思わせるのが多いですね。
尺の問題もあろうけどヤマトクルーの面々があまりにも
存在感が無さすぎたのが補完されていてよかった。




映像特典の小林誠×羽原信義SPECIAL対談。
かなり苦労されたようでお疲れ様でした。
必要な演出の取捨択一は難しいですね・・・。
ヤマトらしさと言うのを見誤ると大変な事になるし。
らしさ、というのは人それぞれな部分が多いしね。
共通点を見つける作業は難航を極めるだろうな。

ヤマト2199のPVも収録されてます。
動画サイトで幾度となく繰り返し見ていますが
やはりPCの小さいモニタで見るのと違ってイイね。
何度見ても脳汁がダダ漏れになるわ~。




うむ・・・
復活編ディレクターズカット、なかなか良かった。
というか、こんな終わり方すればますます復活編第二部を
見たくなるわけですが、制作されるかどうか不安だね。
制作されれば極力映画館に足を運ぶし
Blu-ray等のメディアも全力で購入させてもらおう。


スポンサーサイト
| ANIME | COM(3) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。